私とマルチメディアMPEGラボMXFラボ

TOP

VIDEO-ITを取り巻く市場と技術

2007年12月6日掲載

第18回 著作権保護からセキュリティ用途まで〜電子透かしのご紹介
- 「透かし技術の活用事例と世界的な標準化に向けて」

コラム執筆:株式会社メディアグリッド 岡村一寛
執筆者のプロフィール

最後に
電子透かし技術は、近年利用される企業も徐々に増えてきており、多くの方に興味を持っていただいております。しかし、実際に利用を検討してみようと思った際に、適切な情報を得ることがなかなか出来ません(個人的にも反省しつつ、より多くの方へご紹介したいと常々感じております)。

今回は、短い中で紹介させていただきました。この技術を知らなかった方はもちろん、知っていた方にとっても少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

私自身が感じる電子透かしの魅力とは、柔軟性のある点です。様々な分野で様々な用途に使うことが出来るという適応力の柔軟性が、他の技術と異なり興味が尽きることが無い理由になっています。それ故に、パッとしない、使い難いとも言えます。使う人の想像力を必要とし、提供する側のアイデアを必要とする技術です。決して主役になれる技術ではありません。しかし、どんな作品にもちょっとした味付けを与えることの出来る脇役としての魅力が十分にあると感じています。

導入を検討される際、この技術を提供しようとする際、それぞれの立場で想像力を必要とする技術は、その作業自体とても楽しいものです。ご興味をお持ちになった方がいらっしゃったら、ぜひ、この技術を使った新しいアイデアを考えてみてください。生活の至るところで活用の道があると思います。

まだまだ活用の場が広がる可能性を持った技術ですので皆様のビジネスチャンスにもつながってくれるとうれしく思います。

<< 1 2 3 4 5

 

(コラム記事/メディアグリッド 岡村一寛)

製品・システム・技術に関するお問い合わせ