私とマルチメディアMPEGラボMXFラボ

TOP

VIDEO-ITを取り巻く市場と技術

2007年7月12日掲載

第5回 放送ビジネスの新たな可能性を追求「日テレNEWS24」
     〜
ネットからゲーム機までマルチに展開!〜

(月刊ニューメディア2007年6月号 掲載記事)

PDFで見る

■ポイントは効率化された配信プロセス

多様なコンテンツ配信体制を支えているのは、「早い段階からマルチ配信を意識して構築した」(報道局マルチニュース制作部・宇佐美理デジタル戦略プロデューサー)という、配信プロセスを効率化したエンコーダーシステム。動画のIN・OUT点を指定し、チェックボックスから配信先を選択するだけでファイル形式変換から指定サーバへのFTPまで自動で行われるため、専門の技術スタッフを置かずに多くの配信先に対応できる。また、収録を止めることなく次々と届けられる最新ニュースに対応できる「追いかけ編集システム」も搭載。Webなどのニュース配信をも圧倒する速報性を支えている。映像の配信フォーマットはMPEG2、WMV、H.264、3GP、3GP2などさまざまなコーデックに対応可能で、メタデータはNewsMLでの配信も可能となっている。

番組構成においても、よりコンパクトにニュースを知ることができる「ヘッドラインニュース」を冒頭に配置。1分間で4本のニュースエッセンスが詰め込まれており、「電車内とか駅構内モニターなどの落ち着かない視聴環境において有効」(宇佐美氏)となっている。このヘッドラインにおいては、それぞれ3本のスーパー表示でも内容を伝えており、音声の聞こえづらい環境においても内容を知ることができるようになっている。


写真1. 「早い段階からマルチ配信を意識して構築」と話す
     報道局マルチニュース制作部の宇佐美理デジタル戦略プロデューサー

コンテンツは、通常のストレートニュースとヘッドラインのほか、各種インタビューや衝撃シーンの「ノーカット版」、一流企業の社長を招いて戦略を聞く「汐留リーダーズEYE」などさまざまな内容を用意。こうした地上波ニュースとは「ひと味違う」コンテンツ群も、さまざまな配信先から人気を得る要因となっているようだ。


写真2. ケータイ配信のイメージ (C)NNN


次のページへ

<< 1 2 3 4 5 >>

VIDEO-ITを取り巻く市場と技術第5回 トピック一覧
■ 24時間・365日体制の速報性に高い評価(高橋徹朗・月刊ニューメディア特別アナリスト)
■ ポイントは効率化された配信プロセス
■ 「スピードと量」がサービスの鍵
■ 「日テレNEWS24」インターネット/携帯配信システム 設計と特徴 (IBE 永井鉄平)

月刊ニューメディアのウェブサイトは左のバナーからご覧いただけます。

 

※編集の関係上、雑誌掲載内容と少し異なる個所があります。

製品・システム・技術に関するお問い合わせ